24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

掛け軸の買取で損をしないために!相場や高く売るコツを紹介!

掛け軸の買取で損をしないために!相場や高く売るコツを紹介!
掛け軸
和室の掛け軸

掛け軸(かけじく)とは、仏教を広めるための道具として日本に流入した後、日本の文化と融合しました。

書や東洋画を裂(きれ)や紙で表装し、日本では床の間などに掛けて鑑賞するものです。掛け軸の買取はあまりなじみがないかもしれませんが、相場や価格はどのようなものなのでしょうか。ここでは掛け軸の買取についてご紹介していきます。

掛け軸の買取について

掛け軸

掛け軸は、日本では最も多い絵画と言われています。掛け軸の様式は茶道と共に確立し、鎌倉時代から飾られており、かつては日本のみならず中国、朝鮮など東アジアにおける絵画の代名詞でした。

掛け軸は通常、書と絵画に分けられます。また画賛という絵画に書を認めたものもあります。

掛け軸の書

書は、良寛や会津八一などの書家、永平寺や大徳寺などお寺の貫主によるものが存在します。西郷隆盛や山岡鉄舟、東郷平八郎、伊藤博文などの政治家や軍人による書も多いです。

さらに正岡子規、高浜虚子といった俳人や北原白秋、与謝野晶子のような詩人も書を掛け軸にしています。

掛け軸の絵

絵は、室町・桃山・江戸の水墨画、狩野派・土佐派・住吉派などの絵師による絵画があり、さらに肉筆浮世絵、文人画、山水画、花鳥画また仏画・涅槃図など仏教に因んだものもあります。

明治・大正期には谷文晃・英一蝶・渡辺崋山などの江戸時代の画家の掛け軸が人気がありました。

世界の掛け軸

掛け軸は日本のみならず、中国や朝鮮においても唐画や李朝画などと呼ばれるものがあります。昨今、中国絵画の需要が増え、呉昌硯や斉白石などの掛け軸は高値で取引されています。

また周恩来・孫文・魯迅など日本とゆかりのある歴史的にも有名な人物の書なども人気があります。

掛け軸の価値や価格

掛け軸の価値や価格は、まずは誰が作者であるかによって決まりますが、その手掛かりとなる署名や落款は一般の方には判別がつきにくいことが多いです。

その掛け軸の画面上にある署名や落款、掛け軸そのものが入っている桐箱があるか、その桐箱に題名と署名があるか等によって作者を特定していきます。さらに掛け軸の場合、中には偽物も多く存在します。

そのため、一般の方には本物か偽物かも含めて掛け軸の価値や価格を判断するのは難しいのが現状です。

一番無難で安心できる方法は、掛け軸などの骨董品を専門に買い取っている業者に査定してもらうことでしょう。

専門買取業者は通常、掛け軸に精通した経験豊富な査定員が在籍していますので、適正価格を出してくれます。

掛け軸の買取相場

掛け軸

掛け軸は作家や年代、状態、付属品の有無など様々な状況を加味して査定額がつきます。しかし一番重要なのは、どの作家であるかということです。有名作家によって描かれた掛け軸の場合は、数十万円~数百万円もの高値が付くことがあります。

逆に、掛け軸は贋作や印刷ものが多いのが現状です。人気の作家の作品や歴史的な掛け軸には贋作(偽物)が非常に多く、本物であることを証明できる信頼できる鑑定書や箱書きなどがあれば正しい価値を認めてもらえますが、鑑定書などがない場合は査定に長い時間がかかったり、買取を拒否される場合もあります。

印刷した掛け軸に関しては、作家を問わず査定額は全体的に少々低めになります。

作家掛け軸の相場は約100,000円~、印刷掛け軸の相場は約~20,000円といわれてます。

さらに、作家の人気によっても価格は変わってきます。以前は人気だった作家の人気が落ち、安い値段になってしまうこともあります。

逆に安い値段で売られていた作家の作品が再評価されて相場が大きく上昇することもあります。とはいえ安定した人気を集めている作家の作品は当然高値を維持しています。このようにその時の作家の人気によっても大きく相場が変動するのが掛け軸の特徴です。

掛け軸を高く売るコツ

掛け軸

掛け軸を高く売るコツはいくつかあります。陶器や刀などの骨董品に比べ、紙や布類でできていることの多い掛け軸は非常にデリケートなものです。

さらに箱などの付属品がついている場合もあります。このような点もより高く売却するポイントとして大事です。いくつか具体的に見ていきましょう。

保存状態

保存状態も買取価格を決定する際に重要なポイントです。全体に汚れや傷、色剥げやシミがあると買取価格が下がってしまう可能性があります。たとえ保存状態が悪くても、自分で修復しない方がよいです。

掛け軸の金額は、「書」や「絵画」の作者の力量によって変わってくるのが基本ですが、それ以外にもその保存状態でも買い取り金額は大きく左右されてしまいます。

さらに掛軸は表装用布と裏打ち用和紙と本紙の書画によって仕立ててあり、湿度の影響を受けやすいものです。

そのため過度の湿度の変化により状態が変化してしまうため、直接エアコンの温風・冷風が当たらないように注意が必要です。湿度が高いのも極度に乾燥状態であるのも良くないので気を付けましょう。

複数の専門買取業者に査定してもらう

掛け軸は本物か偽物か、さらには作者や作成された時代背景など査定するのが難しい骨董品の一つです。

そのため掛け軸に詳しい経験豊富な査定員が在籍する専門買取業者に依頼することは前提なのですが、複数の専門買取業者に査定してもらいその査定金額を比較することは大切です。

金額に大きな差はないかもしれませんが、少しでも高い金額を提示してくれた業者に売却したいものです。

付属品は揃える

掛け軸には付属品が存在します。桐箱、鑑定書や証明書等です。著名な掛け軸は、桐箱などとセットになっていることが多いのが特徴です。一流作家によって描かれた掛け軸は単体でも買取可能ですが、外箱と一緒にすることにより更なる価値が付きます。

箱などの付属品はセットで査定してもらうのがベストです。

具体的な例をあげると、浦上玉堂、雪舟、俵屋宗達や尾形光琳の琳派など国宝になっているような有名な掛け軸は、偽物や贋物、いわゆる写しであることが多いです。そのため箱書きや資料が重要になってくるので付属品が重要になってきます。

掛け軸を出張買取してもらう

掛け軸

掛け軸の買取について、相場や高く売るコツ等を述べてきました。掛け軸の査定は非常に難しいので、掛け軸のプロが在籍している骨董品の専門買取業者に依頼するのが一番です。

もし店舗にもっていくのが困難なほどたくさんの掛け軸がお手元にあるのであれば、自宅まで来て査定してくれる「出張買取」に対応した専門買取業者も最近は増えてきています。

大切な掛け軸を売却する際は、上述したように保存状態や複数の専門買取業者に査定してもらうなど、いくつかの査定ポイントを把握した上で、安心できる業者に買い取ってもらいましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

TVCM特設ページへ