ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

萩焼を高額買取してもらうポイント3つ!買取業者の賢い選び方も解説!

萩焼を高額買取してもらうポイント3つ!買取業者の賢い選び方も解説!
萩焼を高額買取してもらうポイント3つ!買取業者の賢い選び方も解説!

萩焼は、およそ400年以上も前から歴史をもつ、骨董品として価値のある焼き物です。

そのため、不要となった萩焼をお持ちの場合は買取に出すことをおすすめします。

中でも作家物の萩焼は、高額買取を狙える可能性が高いです。

本コラムでは、買取市場でも需要が高い、人間国宝をはじめとする萩焼作家をご紹介します。

また、萩焼を高額買取してもらうポイントや、買取業者の賢い選び方も解説しますので、買取を検討している方の参考となれば幸いです。

萩焼とは

萩焼とは

萩焼とは、主に山口県萩市で作られている伝統工芸品の和食器です。

粗い土を用いることで、浸透性・保水性・保温性に優れ、優しい風合いの焼き物が出来上がります。

浸透性が高いことから、使い込むほど味が出る性質で、それは「萩の七化け」と言われています。

萩焼の作風は装飾がない素朴なものが多く、枇杷(びわ)色・灰青色・白色など、素材を活かした色味が主流です。

萩焼の歴史は慶長年間まで遡り、1604年に韓国から来た陶工が城下に開窯し、高麗(918年~1392年まで朝鮮半島を統治した国家)風の茶陶を制作し始めたことから始まります。

長年使い続けることで味わい深くなる萩焼は、茶人の間で茶道具として親しまれてきました。

現在でも茶陶を中心として作られる萩焼は、中でも茶碗の数が多く、高麗茶碗から着想を得たわびさびを感じられる作品が生み出され続けています。

高額買取が期待できる萩焼の作家

高額買取が期待できる萩焼の作家

高く売れる萩焼は、作家物であることが多いです。

有名であったり、人気がある作家の作品であるほど、買取額が高くなる傾向にあります。

萩焼を手掛けた主な作家をご紹介します。

坂倉新兵衛(さかくらしんべえ)

坂倉新兵衛は、萩焼の名家として有名な坂倉家に生まれました。

坂倉家は、初代が1604年から始まるという長い歴史をもち、14代では山口県指定無形文化財萩焼保持者に指定されます。

日本伝統工芸展の10回以上の入選歴をもち、その後大阪と東京で毎年個展を開くなどして、精力的に陶芸活動を行っていました。

坂倉新兵衛の温かみを感じられる気品ある作風は、「新兵衛茶陶」と言われ茶人たちの間で愛用されました。

14代の主な作品には「萩八角菊文様食籠」をはじめとする茶碗・水指・茶入などがあります。

吉賀大眉(よしかたいび)

吉賀大眉は、萩焼作家吉賀要作の長男として生まれ、幼少の頃から陶芸に慣れ親しんで過ごしました。

枠組みされた陶芸に疑問を抱き、伝統の観念にとらわれない陶芸の美しさを表現することに時間を費やしました。

日本最大の美術展と言われる日展で入賞し、現代感覚を活かした独自の作風を確立します。

吉賀大眉の代表作となる「暁雲(ぎょううん)シリーズ」は、赤みを帯びた明け方の空に霧や雨雲が立ち込めた景色が表されています。

種類としては、茶碗・水指・花器などを主に手掛けています。

坂田泥華(さかたでいか)

坂田泥華(さかたでいか)

坂田泥華は、山口県長門市深川で継承される萩焼の名家で、始祖は朝鮮王朝の陶工だった李勺光(りしゃくこう)にあたります。

韓国李朝時代に作られていた井戸茶碗の研究を重ね、「泥華井戸」と呼ばれる、優雅でおおらかな独自の作風を確立します。

坂田泥華は、1972年には山口県指定無形文化財に認定され、1981年には紫綬褒章を受章します。

井戸茶碗を中心に茶道具を制作しており、主に茶人の世界で高い評価を得ています。

坂田泥華の作品は、井戸茶碗「千代の友」の他、湯飲み・ぐい飲み・花入などがあります。

三輪休雪(みわきゅうせつ)

三輪休雪は、江戸時代前期から続く萩焼の名門陶家で、10代と11代が重要無形文化財「萩焼」保持者に認定されています。

12代はこれまでの萩焼の既成概念にとらわれないオブジェとしての作品「ハイヒールシリーズ」「卑弥呼の書」「龍人伝説」刺激的な話題作を次々と生み出しました。

三輪休雪13代は2019年に襲名され、花こう岩(鉱物から成る深成岩)から着想を得て作られた茶碗「エル キャピタン」が有名です。

その他13代の作品は、荒々しい土を使って迫力を出した「鬼萩茶碗」や、まさに雪山を連想させるいで立ちのオブジェ花器・水指などを生み出した「雪嶺(せつれい)シリーズ」などがあります。

萩焼を高額買取してもらうための3つのポイント

萩焼を高額買取してもらうための3つのポイント

骨董市場でも価値が高いとされる萩焼を売るなら、少しでも高く買取してもらいたいですよね。

萩焼を高額買取してもらうために知っておきたいポイントは、大きく分けて3つあります。


・共箱が揃っていれば高額買取の可能性あり

・明らかに古そうな作品なら価値が高い可能性がある

・汚れ・欠け・割れがない作品は査定額が上がりやすい


それでは、詳しく解説します。

共箱が揃っていれば高額買取の可能性あり

作家物などの萩焼には、共箱に入っている作品が多いです。

共箱とは陶器を納める箱で、主に桐で出来ています。

一般的には、蓋の表に作品を手掛けた作家名や作品名が、作家の筆書きで書かれています。

そのため、共箱は作品の保証書代わりになることもあり、本体と一緒に査定に出すことで査定額が高くなりやすいです。

中には、共箱が二重になっているケースもあり、中の箱の底に銘が入っていることもあります。

二重箱は高価な作品に付くことが多く、湿度や温度の変化による劣化から、一重よりさらに厳重に守ります。

共箱が査定に与える影響は大きいので、共箱をお持ちの方は作品と一緒に査定に出しましょう。

明らかに古そうな作品なら価値が高い可能性がある

萩焼は、明らかに古そうに見える時点で骨董価値が高くなることがあります。

具体的には、1700年代よりも前に作られた荻焼は「古荻」と区分けされており、作家や作品名が不明の作品でも骨董市場で価値が高いとされやすいです。

古荻は、一般的な荻焼に比べてやわらかい土で焼き上げられたため、より表面がぼそっとしたようなきめの粗さが特徴です。

お持ちの作品が古荻かどうか判断が付かないという方は、骨董品に特化した買取業者に見極めてもらいましょう。

汚れ・欠け・割れがない作品は査定額が上がりやすい

骨董品とは言えど、汚れ・欠け・割れなどが見られないような作品は査定額が上がる傾向にあります。

特に高価な焼き物の場合、実際に使用せずに観賞用として部屋に飾るなどという収集家もいるでしょう。

そのため、状態の良い作品であるほど需要が高く、高額買取に繋がる可能性が上がります。

特に萩焼は浸透性が高く、水分を吸収しやすいので、水気が残ったまましまうとカビの原因にもなります。

洗った後などは、十分に乾燥させてからしまうように注意しましょう。

萩焼は骨董品専門の買取業者を利用しよう

萩焼は骨董品専門の買取業者を利用しよう

萩焼の価値は、作家・作品・保存状態・付属品の有無など、幅広い観点で評価されます。

そのため、正しく査定をしてもらいたい場合は、骨董品専門の買取業者を利用すると良いでしょう。

骨董品専門の買取業者には、萩焼に関する専門知識や買取経験が豊富な査定員が在籍しています。

萩焼を熟知している査定員が査定すれば、お持ちの萩焼の本来の価値を見抜いてくれるでしょう。

一方で、萩焼はほとんどの総合リサイクルショップなどでも買取に出すことができます。

しかし、総合リサイクルショップに、萩焼について詳しい査定員がいる可能性は低いです。

萩焼の価値を見誤って低く買いたたかれ、損をしてしまうこともあり得ます。

萩焼を正しい価値・価格で買い取ってほしいと考える人は、骨董品専門の買取業者へ査定に出しましょう。

買取業者の賢い選び方

買取業者の賢い選び方

萩焼は骨董品専門の買取業者へ査定に出すことをおすすめしますが、一口に買取業者と言っても大手の業者から個人経営の店舗まで様々です。

そこで、買取業者を賢く選ぶには、以下の条件に当てはまる業者かどうかをチェックしておくと良いでしょう。


・再販経路を多くもつ

・査定料・キャンセル料を無料としている

・査定額を複数社で比較し、最も高額を提示してくれる


それでは、詳しくご紹介します。

再販経路を多くもつ

骨董品専門の買取業者と言えど、再販経路は業者によって異なります。

萩焼に特化した再販経路をもっていたり、より多くの再販経路をもつところであれば、お持ちの萩焼をより高く売れるでしょう。

なぜなら、そのような買取業者は需要が高い再販経路を品物によって選択し、その品物の価値を最大限に活かします。

再販でも高く売れることを見越し、買取時も高く買い取ると言えるでしょう。

このような買取業者を見極めるには、買取業者の公式ホームページなどに掲載されている買取実績などを参考にすると良いです。

お持ちの萩焼と同じ作家ものや作品などの買取実績が掲載されており、且つ高額と感じられるものであれば自分の萩焼も納得の価格で売れる可能性があります。

品物の保存状態などによって実際の買取金額は買取実績の金額と異なることもありますが、極端に低く買い取られることはないかもしれません。

査定料・キャンセル料を無料としている

買取業者によっては、査定料やキャンセル料などの手数料がかかるところもあります。

もし査定額に納得いかず、キャンセルをした場合、査定料やキャンセル料だけ請求されてしまうと少し損をした気分になりませんか。

また、査定額に納得し買取を決意しても、査定料を引いた買取額を受け取ることになります。

純粋な買取額を手にしたいと考える方は、買取手数料を無料としている買取業者を選ぶのがおすすめです。

手数料の有無は、買取業者の公式ホームページなどに記載がありますので、査定に出す前に確認しておきましょう。

記載が見つけづらい場合は、直接問い合わせて聞いてみれば明確になるはずです。

査定額を複数社で比較し、最も高額を提示してくれる

業者ごとの実際の査定額を知りたい場合は、無料査定で相見積もりを取るのが効果的です。

買取実績や手数料の有無などを調べ、買取業者を2、3箇所に絞ったら、それらの業者へ査定に出してみましょう。

査定額を比べ、最も高いところにのみ買取に出せば、少しでも高く買取に出せます。

また、相見積もりを取ることで、査定額だけでなく査定員の対応や知識量なども比べることができます。

少し時間や手間がかかりますが、より満足のいく買取にするためにも相見積もりを取ってから買取業者を選ぶことが賢明です。

萩焼買取でよくある質問

萩焼買取でよくある質問

萩焼を買取に出すという方の中には、いくつか疑問点が浮かぶという方もいらっしゃるでしょう。

萩焼の買取に関して、よくある質問をQ&A形式でご紹介します。

少しでも疑問を晴らして、萩焼の買取に望んでいただければと思います。

Q. 傷や汚れがある萩焼でも買い取ってくれる?

A. 傷や汚れが見られる萩焼であっても、査定は可能でしょう。

ただし、状態の悪さや買取業者によっては、減額や買取不可という対応をとられることもあり得ます。

そのような場合は、相見積もりを取って、なるべく減額が少ないところで買い取ってもらうと良いでしょう。

Q. 作家が誰か分からない萩焼も見てもらえる?

A. 骨董品専門の買取業者であれば、プロの査定員に査定してもらえるため、作家不明の萩焼も見極めてくれるでしょう。

いつどこで入手した作品なのかが分かれば査定の手助けにもなるので、分かる範囲で調べておくことをおすすめします。

「無名の作品かと思っていたものが実は人間国宝の作家の作品だった」などということもあり得るので、一度骨董品専門の買取業者へ査定に出してみましょう。

Q. 共箱がない古い萩焼は査定してもらえる?

A. 共箱がない萩焼でも、査定してくれる買取業者がほとんどでしょう。

萩焼の中には、元々共箱がついていない作品があります。

例えば、萩焼の歴史の中でも初期に作られた古萩です。

古萩であれば、美術的価値に加え、歴史的価値も加味されるので高額買取が狙えます。

共箱がない萩焼は、正しい価値を見出してくれる骨董品専門の買取業者に査定してもらうのが得策です。

Q. 萩焼以外の陶器も一緒に見てもらえる?

A. ほとんどの骨董品専門の買取業者は、陶器全般に特化しているため、萩焼以外の陶器も丁寧に査定してくれるでしょう。

何回かに分けるよりも、まとめて複数の作品を査定に出すことで、査定員の所要時間をカットできるので査定額アップに繋がることもあります。

あまりに品物が多い場合は、査定がスムーズになるように、査定前にその旨を伝えておくと良いでしょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料