24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

海外のセレブにも愛された歴史を持つ柿右衛門の白磁

海外のセレブにも愛された歴史を持つ柿右衛門の白磁
柿右衛門の白磁

柿右衛門とは、有田焼の様式のひとつです。

磁器に映える赤い色を思い浮かべる人もいるでしょう。

赤絵だけでなく、地の白い色にもこだわりがある柿右衛門は、江戸時代から続く磁器の名門です。

その高い評価は海外にも及ぶのです。

日本やヨーロッパのセレブに愛された柿右衛門とは、どのような磁器なのでしょうか。

ミルキーホワイトに鮮やかな赤絵の柿右衛門

柿右衛門は、濁手(にごしで)と呼ばれる白磁で有名です。

濁手とは佐賀の方言で米のとぎ汁のような素地という意味を持ち、乳白色のやわらかくて温かみを帯びた白色が特徴です。

柿右衛門は有田焼で知られる肥前の国、佐賀県の有田で生まれました。

一般的な有田焼の白磁は、青みがかった白色をしています。

しかし、柿右衛門はミルキーホワイトの下地に赤色を始めとした染料で、大きく余白を取りながら上絵を描きます。

そのような様式だと、絵と下地の両方が映えるのです。

上絵が左右対称になっていないのも、絵画のような芸術性を生み出しています。

この素地と赤絵の絶妙な調和は柿右衛門様式と名付けられて、現在は重要無形文化財に指定されています。

 

柿右衛門の赤は柿の実の色?

柿右衛門は、17世紀に製法が成立しました。有田で磁器に適した陶石が発見されて焼き物が盛んになり、初代柿右衛門はその地の陶工の1人だったのです。

当時の有田焼は白磁に藍色の染料で上絵を描いたものが多かったのですが、初代柿右衛門は柿の実の色を目指した赤色の色絵磁器を作り出しました。

そして、佐賀鍋島藩主に柿の形をした色絵の蓋物を献上し、柿右衛門という名前を名乗るようになったというエピソードが残されています。

しかし、濁手の白磁は作るのが難しく、金襴手様式という金や赤色を使用したきらびやかな色絵が主流になったこともあって、柿右衛門様式は一時期途絶えてしまいます。

江戸時代の後半に途絶えたその技術は、昭和に入ってから12代と13代の柿右衛門が古文書を元に復活させました。

その技法は守らなければならない重要なものと認められて、国の重要無形文化財「柿右衛門(濁手)」となったのです。

 

ヨーロッパにも影響をもたらした柿右衛門

柿右衛門は、江戸時代に海外に輸出され、白い黄金と呼ばれて絶賛されたという歴史を持ちます。

オランダ東インド会社が日本で磁器を買い付けて、ヨーロッパに販売していたのです。

シノワズリーという東洋趣味が流行していたこともあって、王侯貴族の間で日本や中国の磁器がコレクションされ、城の中に磁器を飾る専用の部屋を作って楽しんでいました。

そのため、昔の作品の保存状態が良く、日本に買い戻されて、現在に伝わっているという場合もあるのです。

柿右衛門などの日本の磁器はヨーロッパの陶工にも大きな影響を与えて、柿右衛門の模倣品やアレンジしたものも作られました。

ヨーロッパの磁器が発展するのに柿右衛門も一役買っていたのです。

 

柿右衛門は代々続くブランド和食器

柿右衛門は代々続くブランド和食器

柿右衛門様式は襲名者ひとりで制作しているわけではなく、襲名者が複数の熟練した陶工のチームリーダーとなっています。

しかし、一子相伝として襲名者にしか受け継がれない技術もあり、柿右衛門独特の赤色を出すための調合などがそのひとつです。

襲名者は受け継いだ技術を元にしながら、自分の赤色を生み出します。

そこで何代目の柿右衛門が作ったかによって、赤色がそれぞれ違うのです。

柿右衛門は美術品としても価値が高く、酒井田柿右衛門の名はよく知られている和食器のブランドのため、買取相場も高くなっています。

自宅に眠っているなら、一度査定に出してみると良いでしょう。

 
ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

TVCM特設ページへ