株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

中国美術の買取前に知っておくべきこと!お早めの売却がおすすめ!

中国美術の買取前に知っておくべきこと!お早めの売却がおすすめ!
高価買取される中国美術種類と買取の注意点!

自宅の物置から、価値の分からない骨董品や美術品が出てきたという経験はありませんか。

その美術品に中国語のようなものが書かれていたら、それは中国美術かもしれません。

中国美術は世界中にコレクターが存在しているため、価値が見込まれるものなら高額買取が期待できます。

中国美術の種類と価格高騰について、さらに中国美術を買取に出す前の注意点をまとめてみました。

中国美術を買取に出す前に、参考にしていただければと思います。

中国美術とは?

中国美術とは?

中国で制作された陶器・書画・絵画などの美術品すべてが「中国美術」に該当し、古いものであれば数百年から数千年以上も昔の美術品も存在します。

まずは中国美術にはどのような種類があるのか、その特徴も踏まえて紹介します。

書画

書家が書いた作品を書画と呼び、歴史的価値が高いものの、偽物やレプリカも多い種類です。

本物であれば、数百万円の高値になる書画もあります。

有名な作家は王義之で、表現力豊かな草書が特徴です。

絵画

中国絵画のルーツは先史時代(日本では弥生時代)と言われているほどの歴史があり、彩色画・人物画・花鳥画が多いです。

有名な画家は顧愷之・呉道子、現代作家では黄秋園の作品が人気となっています。

山水画

山水画は主に自然をモチーフとした画風が特徴で、山や四季など季節ごとに異なる色彩が用いられています。

中国の山水画は「山」に焦点を当てており、いかに山の良さを表現するかという点に重点を置いています。

印材

印材とはいわゆる「スタンプ」のような紙に印字することを目的とした美術品で、銅・銀・竹・木材など多種多様な素材が用いられています。

陶磁器

陶磁器の歴史は古く、今から1万年以上昔の新石器時代から始まりました。

陶磁器の器の種類は、主に「白磁」「青磁」などがあり、種別で集めているコレクターも多い種類です。

中国切手

中国切手は、中国で発行された切手を指し、主に価値が見込めるのは1950~80年代にかけて流通していたものです。

この時期の切手は、文化大革命でほぼ消失してしまっために、価値が急上昇しています。

また、中国富裕層が投機目的で収集していることも、中国切手の高騰に拍車をかけています。

高価買取が期待できる中国切手の種類や買取相場については、こちらのページをご覧ください。

翡翠

曇りのない鮮やかな緑色が特徴の宝石です。

宝石としても価値が見込めるだけでなく、年代物の翡翠は中国美術としても価値が見込まれる種類です。

翡翠の中でも高額で買取されやすいカラーや買取相場については、以下のコラムで紹介しておりますので、気になる方はご一読ください。

中国美術の価格が高騰傾向である理由

中国美術の人気が高い理由

近年、中国美術が注目されており、価格が高騰しているようです。

そのため、買取業者では中国美術が高額買取されるという例も少なくなく「中国美術を買取に出すなら今だろう」と囁かれています。

何故、今それほどまでに中国美術が人気なのでしょうか。

中国美術の価格が高騰傾向である理由を紐解いていきます。

中国富裕層による投資ブーム

数年前の中国人による爆買いブームは落ち着いてきましたが、近年でも中国富裕層による「骨董品」への投資ブームはいまだ勢いがあるようです。

特に「日本が出品する中国骨董」に対して人気が高く、骨董市場では高額で取引されている傾向にあります。

その理由の1つは「中国から出回る骨董品はコピー品が多い」というところにあります。

それに対して、日本の鑑定士の鑑定能力の高さが評価されているため、日本に実在する中国骨董品は質が良いものとして浸透しています。

中国富裕層たちは、投資価値が高い良質な骨董を求めて、日本の中国骨董を集めるようになったということです。

中国政府が美術品の国外持ち出しを禁止

2007年、中国国家文物局による規制により「1911年以前の中国美術品の海外持ち出しが禁止」となりました。

そのため、日本では古い中国美術品の残存数は少ないです。

今でも日本国内に出回っている、1911年以前に製作された中国美術品は大変希少なものとされ、価値が高くなっているようです。

歴史の古さも美術品としての価値を高めている

日本で浸透している骨董の中には、中国から技術が伝わったものもあります。

例えば、中国掛軸の有名な画風「山水画」「花鳥画」「神仏画」などもそうです。

中国掛軸をはじめとする骨董品は、古いもののほうが高く売れる傾向にあります。

中国美術の値段にこだわるなら実績多数のバイセルへ!

バイセルは骨董品をはじめとした中国美術の買取実績を多数持っています。

ご自身のコレクションの整理の際やご自宅に眠ったままの価値な不明な中国美術のご売却はお任せください!

さらにお電話1本で経験豊富なスタッフがご自宅までお伺いしますので運び出しも不要ですから安心してお使いいただけます。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

気になる中国美術の買取相場と査定ポイント

気になる中国美術の買取相場と買取における注意点

中国美術は1点物として価値が付くケースが一般的なため、「書画だから〇〇円」「陶磁器だから〇〇円」などというような買取相場は存在していません。

中国美術の査定ポイントとしては、制作に関わった作家の知名度や、作品本体の状態が重要となることを覚えておきましょう。

また、中国美術をはじめとした骨董品の多くは、買取業者の鑑定力と査定時の市場価格によって決まります。

骨董品の買取業者へ依頼する際は、複数の業者に見積もりを依頼して査定内容を比較し、お手持ちの中国美術の価値を見極めると良いでしょう。

中国美術を買取に出すときの注意点

中国美術を買取に出すときの注意点

中国美術を買取に出すときには、いくつかの注意点があります。

お持ちの中国美術が少しでも高く売れるように、以下のポイントを押さえておきましょう。

無理にクリーニングは行わない

大切な中国美術を買取に出す際に押さえておきたいコツとして、無理にクリーニングを行わないことが挙げられます。

汚れているよりも綺麗なほうが査定時の印象としては良いものの、中国美術には歴史的価値も含まれています。

骨董品は、長い年月をかけて蓄積した汚れも含めて価値となりうる場合があります。

無理に綺麗にしようとして風合いを消してしまったり破損してしまうと、価値が大幅に下がるだけでなく、買取不可となるケースもあり得るのでご注意ください。

付属品も忘れずに査定に出そう

中国美術は木箱や専用のケースに入っており、著名な作家の直筆サインや説明書が同封されている場合があります。

付属品なしの状態で査定に出してしまうと、査定員に価値の見極めが困難とされるケースもあるので、必ず付属品は忘れずに査定に出しましょう。

買取方法に応じた梱包とおすすめ買取方法

中国美術の買取を行う業者は、店舗を構えている場合や宅配での査定を行っているところがあります。

もしそれらの店舗持ち込み買取、又は宅配買取で査定してもらうときは、運んでいる間の破損を防ぐためにエアパッキンを用いて梱包を行いましょう。

また、買取業者の中には出張買取と呼ばれる、査定員が自宅に訪問して査定・買取してくれるという買取方法もあります。

出張買取を利用すれば、壊れやすい中国美術品なども、自宅にあるそのままの状態で査定してくれるのでおすすめです。

まとめ:中国美術を買取に出すならお早めに!

高価買取される中国美術種類と買取の注意点:まとめ

中国美術の多岐に渡る種類と買取需要が高まっている秘密に迫ってみました。

中国富裕層をはじめ、世界中から人気の高まっている中国美術ですが、この先も継続して高値になるかどうかは不透明です。

もし自宅に価値の不明な中国美術品や骨董品が眠っているならば、今現在の価値を知るという意味でも、お早めに一度査定に出してみるのはいかがでしょうか。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目