株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

茶釜の種類と高く買取してもらうためのポイントをご紹介

茶釜の種類と高く買取してもらうためのポイントをご紹介
茶釜の種類と高く買取してもらうためのポイントをご紹介

日本の伝統文化であり、習い事としても根強い人気を誇る茶道には、さまざまな茶道具が使われます。

骨董品としての茶道具といえば茶碗を思い浮かべる人は多いかもしれませんが、骨董品買取市場において、茶碗に劣らぬ価値を認められているのが茶釜です。

茶釜の概要や歴史、茶釜の種類に加えて、茶釜を高く買取してもらうためのポイントについてご紹介します。

茶釜とは?

茶釜の種類と高く買取してもらうためのポイントをご紹介

茶釜とは茶道に使う茶道具の1種で、お茶を点てるためのお湯を沸かすのに使われる釜のことです。

同じ「湯を沸かす」という用途の鉄瓶ややかんに比べて容量が大きく、代わりに注ぎ口がついていません。

従って、茶釜からお湯を注ぐ際には柄杓を使うことになります。

茶釜は、茶道の心得がある人からだけではなく、骨董品コレクターからの人気も高いです。

骨董品買取市場においても茶釜には一定の需要があり、人気の高い茶道具の一つです。

茶釜の歴史について

茶釜の種類と高く買取してもらうためのポイントをご紹介

茶釜はもともと中国から伝わったとされています。

日本における歴史も古く、現在の福岡県芦屋町や栃木県佐野市では、鎌倉時代にはすでに茶釜を鋳造していたという記述もあります。

芦屋町や佐野市には古来から湯釜や鍋の鋳造技術があり、その技術を基礎として、中国から伝わった茶釜も比較的容易に作ることができたようです。

茶釜は日本古来の文化や技術も取り入れながら様々に形を変え、普及していったと考えられます。

そして、茶道の中でも茶碗と並んで重要な地位を占める茶道具となりました。

現在も芦屋町の「芦屋釜」・佐野市の「天命釜(てんみょうがま)」をはじめ、多種多様な茶釜が作られています。

茶釜がこれほどまでの広がりを見せたのには、日本古来の文化や技術との親和性があったのかもしれません。

茶釜の種類

茶釜の種類と高く買取してもらうためのポイントをご紹介

日本の茶釜で代表的なものに、福岡県芦屋町の「芦屋釜」・栃木県佐野市の「天命釜」という2つの種類があります。

ここでは、芦屋釜・天命釜それぞれの特色や形状の特徴などをご紹介します。

また、通常の茶釜とは趣を異にする変わり種の茶釜についてもご紹介します。

芦屋釜

芦屋釜とは、現在の福岡県芦屋町周辺で作られた茶釜の総称です。

鎌倉時代初期には鋳造が始まっていたとされる、日本で最も歴史ある茶釜です。

戦国時代の動乱で職人たちが四散したことにより、約400年にも渡って製作が途絶えてしまったという悲しい歴史もありますが、近年では鋳物師の養成など、芦屋釜復興の動きが見られています。

芦屋釜は日本を代表する茶釜ですが、中でも桃山時代以前のものは古芦屋と呼ばれ、高い人気があります。

現在国の重要文化財に指定されている茶釜9点のうち、8点までが古芦屋釜です。

芦屋釜の形状は、多くが「真形釜(しんなりがま)」と呼ばれるものです。

真形釜は口が繰口(くりくち:釜の口が上方に向かって伸び、最後に外側に少し開いている)、胴には鐶付(かんつき:釜を持ち上げるための輪を通す穴を開けた耳のこと)があり、銅と底の繋ぎ目には板状の縁である羽(は)がついています。

鋳肌は滑らかな鯰肌(なまずはだ)で、地にヘラ押しによる文様がつけられていることが多いです。

天命釜

天命釜とは、現在の栃木県佐野市周辺で作られた茶釜の総称です。

歴史は芦屋釜に次いで古く、鎌倉時代中期ごろには鋳造が始まっていたと言われます。

室町時代末ごろには芦屋釜と並んで日本を代表する茶釜となり、その後江戸時代初頭まで作られ続けました。

中でも、桃山時代以前に作られたものは古天命釜と呼ばれ、特に価値が高いとされます。

現在国の重要文化財に指定されている茶釜9点の中に、古天命も1点含まれています。

天命釜の形状は、腰周りが広いのに対して口は狭く立ち上がった「車軸釜」、全体にふっくらと丸い形の「丸釜」をはじめ、様々あります。

また、文様に重点を置く芦屋釜に対して、天命釜は無地文なのが特徴です。

鋳肌では、芦屋釜が滑らかな鯰肌であるのに対して、天命釜ではあえてごつごつとした無骨な鋳肌になるように工夫が施されています。

素朴で侘びた趣のある天命釜は茶の湯の精神と合致し、千利休をはじめとする多くの茶人から好まれました。

千利休は天命釜への愛着から、洒落て「天猫釜」と表記していたと伝わっています。

釣り茶釜

芦屋釜・天命釜などの茶釜は通常、炉(ろ)または風炉(ふろ)にかけて使われます。

炉とは畳の一部を切って床下に備え付けた囲炉裏のことで、動かすことはできません。

それに対して風炉は、火を入れて釜をかけることができる可動式の道具です。

茶室では冬場は炉を使うことが多いのですが、夏場は炉の近くは暑くなるため、客人から遠い場所に風炉を置いて湯を沸かすことが通例となっています。

炉を使う時期と風炉を使う時期のちょうど間、春先には炉の火を小さくし、小型の釜を天井から鎖で吊るして湯を沸かすことがあります。

この、「天井から吊るす小型の茶釜」のことを釣り茶釜と言います。

小型のため1度に沸かせる湯の量は少なく、鎖で吊るしているため柄杓で湯を掬うのも難しくはなるのですが、釜の揺れる様子に陽炎や風といった春の風情を重ねるという楽しみ方が釣り茶釜にはあります。

茶釜の買取相場はどれくらい?

茶釜の種類と高く買取してもらうためのポイントをご紹介

骨董品買取市場における茶釜の買取相場はどれくらいになるでしょうか。

価値の高い芦屋釜や天命釜ですが、古い時代のもののため、買取市場で本物に出会えることはあまりありません。

買取市場に出回るのはほとんどが写し物です。

芦屋釜や天命釜の写し物であれば、買取相場は高いもので3万円前後といったところでしょう。

また、釣り茶釜も高いものならば3万円程度の買取価格がつくでしょう。

釣り茶釜の場合には、吊るすための鎖も買取対象になることがあります。

買取市場に出回る茶釜で買取相場が高いのは、人間国宝など有名作家の作品です。

人間国宝・角谷一圭(かくたにいっけい 1904-1999)の作品であれば高いもので30万円前後、京都の大名跡・大西清右衛門(おおにしせいえもん)の作品ならば高いもので50万円ほどの買取価格がつくこともあります。

ただし、これらは人気作品で保存状態が良いなどの条件が揃った場合の買取相場です。

実際の買取場面ではこの限りではありませんので、あくまで目安程度と捉えてください。

茶釜を高く買取してもらうためのポイント

茶釜の種類と高く買取してもらうためのポイントをご紹介

茶釜を高く買取してもらうために、最も重要なポイントになるのが茶釜の保存状態です。

欠けや割れがある、修理跡があるなどすると、本来価値の高い茶釜であっても買取価格は下がってしまう可能性があります。

また、茶釜は水を入れて火にかけるという用途のため、錆が発生してしまうことがよくあります。

湯を沸かして赤いお湯が出てしまうような場合には、一度丁寧に釜を洗って内部の錆を取り除いてあげることをおすすめします。

また、有名作家の作品であるか、付属品があるかどうかも高く買取してもらうためには重要なポイントです。

以下に高く買取してもらいやすい茶釜の条件をまとめましたので、参考にしてみてください。


・茶釜の保存状態が良い(欠けや割れなどが無い)

・古い時代に作られた

・有名作家の作品である(書付や花押がある)

・人気作品である

・付属品(共箱(ともばこ:作品を入れる箱)など)がある

まとめ

茶釜の種類と高く買取してもらうためのポイントをご紹介

茶釜とは茶道に使う茶道具の1種で、お茶を点てるためのお湯を沸かすのに使われる釜のことです。

代表的な茶釜には芦屋釜と天命釜があり、特に桃山時代以前に作られた古芦屋釜・古天命釜には絶大な価値があります。

茶道は習い事としての人気が根強いことから、茶釜には骨董品買取市場において一定の需要があります。

もしお持ちの茶釜が人気の高い茶釜・希少性の高い茶釜で保存状態が良ければ、非常に高い価格で買取される可能性もあるでしょう。

ご自宅等に使っていない茶釜をお持ちなら、まずは骨董品に強い買取業者に査定だけでも依頼してみてはいかがでしょうか。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目